Skip to main content

ロックダウンと在宅勤務 – 雇用主は従業員を監視できるか?

09 November 2020

この記事では、雇用主が従業員の監視を望む場合の法的に留意すべき事項と、雇用主が従業員のワークライフバランスをどのように確保したら良いか?について説明する。 This article discusses the legal considerations when an employer wants to monitor its employees, and how employers can ensure that employees have a work-life balance.

英国政府が11月5日(木)から始まる全国ロックダウンを発表してから、雇用主は、それが職場にとってどのようなことを意味するかを理解するために法律面の詳細を待っていた。 新しい法律は、「[従業員]が在宅での勤務が現実的に困難もしくは必要業務をすること自体が難しい場合、仕事目的で家を出る、もしくは家の外にいることが合理的に必要であるか」を雇用主が判断しなければならないと規定した。 その結果、雇用主は、特に3月から6月までの前回の全国ロックダウン時にオフィスを閉鎖した場合は、今回も閉鎖しておく必要がある。

After the UK government announced the national lockdown, starting on Thursday 5 November, employers have awaited the detail of the law to understand what it means for workplaces. The new legislation provides that employers should decide whether “it is reasonably necessary for [the person] to leave or be outside [their] home for the purposes of work… where it is not reasonably possible for [the person] to work, or to provide those services from home”. As a result, employers should keep their offices closed, especially if they were closed during the previous national lockdown, from March to June.

Click here to read the full article on the Centre People website

Related items

Related services

Back To Top