Skip to main content
Global HR Lawyers

英国就労ビザへの新しいポイントベース移民システムの導入

16 December 2020

労働を目的とする移民について、10月中旬の移民法の改正に関する政府発表は、多くの点でむしろ拍子抜けしたものであった。 過去2年間、「新しい」ポイントベースの移民制度に関する政府の計画を説明した一連の報告書と政策の発表が続いた。そのため、その主要な変更点に関しては、驚くに足るものではなかった。 For workbased immigration, mid-October’s statement of changes to the Immigration Rules was in many ways rather anticlimactic. The last two years have been a series of reports and policy statements setting out the government’s plans for a ‘new’ Points-Based Immigration System. The major changes therefore come as no great surprise.

そうは言っても、2020年12月1日から稼働する新しいシステムは、現在のポイントベースシステムが12年以上前に導入されて以来、スポンサー付きの移民にとっては大幅な改定の1つである。 2020年12月31日にEEA国籍保持者の域内の自由な移動が終了するとともに、英国で就労を希望する外国人にとってはポイントベースシステムが唯一の選択肢となる。 したがって、ビザの要件は、今後数年間、英国の労働市場を成長させる上で大きな影響を及ぼすであろう。

Despite this, the new system, which will go live from 1 December 2020, represents one of the biggest overhauls of sponsored migration since the current Points Based System was created over 12 years ago. With the ending of free movement for EEA nationals on 31 December 2020, the Point Based System will be the only option for foreign nationals wanting to work in the UK. The visa requirements will therefore have a massive impact in sharping the UK’s labour market for years to come.

Click here to read the full article on the Centre People website.

Related items

Back To Top